オーディション写真の考え方、撮り方

宣材写真専門フォトグラファーの プロフィール写真 撮影スタジオ フォトアトリエ四ツ谷

ポスター撮影、 プロフィール写真はお任せ下さい

1万円以下で,4Kの宣材写真が撮れちゃう!

[アトリエメニュー]

ポスターモデルのオーディション


もどる

文科省のポスターを撮った

以前、デザイン事務所と文部科学省のポスターを2回ほど制作したんです。もちろんデザイン事務所が企画案をコンペで勝ち抜いたから、本撮りになったんですけど。 1回はうちの大学生モデル達を出して、撮ったのは別のカメラマンで、ここには載せませんが、当時、大学生だった某局の男性アナウンサーも写っています。 撮影に来室すると、現物のポスターをご覧頂けます。

もう1回のポスターは募集したのも撮ったのも、私が担当しました。 ポスター写真

オーディション選ぶ側の目線

私はテレビ局や新聞社などの制作者歴が23年ほどあり、撮影に来室した方には、制作物やTVスタッフの名刺など、ごろごろしているのが目に入ることと思います。 人気番組の制作や、人気アイドルグループのDVDの収録班、素人出演者手配、公式プログラムの制作、写真選考から、マスコミの採用面接の現場まで経験は幅広くて、履歴書にはとても書ききれません。 さて、宣材写真の話に戻しますが、知名度の高い有名人になると、宣材写真はどうでもよくなるのですが、無名の人はそうはいきません。 知らない人を写真で選ぶ時、まず何を見るか?それは簡単なことです。写真の雰囲気とか、光の盛れ加減では何もわかりません。 番組制作であろうと、ポスター制作であろうと、共通していることがあります。それは、『現場は常に納期を急いでいる』ということです。 急いでいる現場が欲しているのは、その人の概観がわかりやすい写真なのです。たまたま盛れたような写真の人より、わかりやすく写っている写真の人を選び、連絡を取ります。 こういうイメージの人が欲しいという時に、そのイメージに近い人を選びます。加工で体型や脚の長さ、太さが変えられているようなお世辞の写真では、会うだけ無駄です。 アイドルオーディションが加工不可だったり、アナウンサー応募のES写真がスタジオ写真不可だったりするのは、そのためです。 よく、スタジオが『写真であなたの才能がわかる、伝わる』とか書いていますが、でたらめですw 現場は、ドライなのです。

ですが、救いがないわけではありません。きれいに写す撮り方を、10年以上、モデルを撮っているプロは知っていますから。 オーディションに通るように、かっちりとポーズは指示します。 近年、小学生雑誌のモデルになって活躍中のお客様がいます。 テレビや人気の雑誌で、有名人になっていたり、活躍しているモデルさん、声優さんを見ると、しみじみしてしまいます。 有名になると、外部のスタジオで撮りませんからね。 みなさんの夢と営業のお手伝い、きっかけこそが私の仕事です。

オーディション写真の撮り方

モデルさんは、ラジオ体操の深呼吸の動作をして、肩甲骨を軽く寄せ、胸を張りましょう。 カメラの設定ですが、黒い服の場合はー1補正、白や淡い色の服の場合は+1補正すると綺麗に撮れることも多い。 新宿の有名美容外科の院長先生ともお話したのですが、モデルさんの顔は左右表情が違い、右の顔は硬いが、左の顔のほうが表情が元気です。 肖像画やアイドルの写真の多くが左の顔を前にしているのはそのためです。 全身は、数m離れて膝を落とし、望遠T側(ピンはお腹)で撮ると脚長スタイルで撮れます。 右大腿は太い事が多く、スカート姿で膝を出す人は左脚が前だと綺麗です。 前脚で後ろ脚のひざを半分隠すように立つと、シルエットが細身になります。 左脚を前にして、右ひざを半分隠すように立ちます。 一般の方は、へんなポーズは不要です。腕の長さが見たいので、片方の手はまっすぐ下ろして下さい。 へんにポーズをつけないほうが、プロのモデルさんらしい写真になります。 これを知っているだけでも、スマホの写真がだいぶ違います。 私のアトリエでは、撮影の際、立ち方と姿勢を指示、指導致しています。心配要りません。 芸能事務所も、撮影にいらっしゃいますし、有名事務所のモデルさんや声優さんも撮影しています。 書類が通ったという報告も珍しくありません。 それはもちろん「書類が通るように、通すつもりで、撮っている」からです。 オーディション用に、かっちり撮ったら、あとは、ポーズは自由です。

プロフィール写真,宣材写真,スタジオ撮影,写真館 プロフィール写真

撮影と予約(24時間、当日予約も可能)

もどる

番号をタップすると電話がかけられます。

どうぞ撮影にお越し下さい。

完全予約制で待たされず、気を張ることもなく、小さなお部屋に遊びに来ているような感覚で、大変落ち着くとは思います。

派手さはないけれど、当方は、想い出作りではなく、写真で勝負したい人向けのアトリエです。

TV芸能業界のプロが撮影します。年中無休。雑誌みたいな色の濃い鮮明なプロフィール写真は、目立ちます!

ご予約お待ちしております。

パーツモデル写真 宣材写真 宣材写真,プロフィール写真,モデルオーディション 子役モデルオーディション プロフィール写真 オーディション写真 オーディション写真 就活写真,婚活写真